top of page

【R4】古川中学校と台湾新港郷の中学校同士の英語交流授業




飛騨市の友好都市である新港郷の中学生と古川中学校3年生とのオンライン交流が11月9日(水)に開催されました。

市と新港郷の交流の一環として、これまでにも小学生や高校生が英語交流を行ってきましたが、中学生は初めての試みとして、今年行いました。

交流を深めたりコミュニケーション能力の向上をめざす他、これまでに学んできた英語を実際に使うことで学習の成果を実感し、自分の英語が相手に通じることを知って自信をつけてもらうことを目的としました。



両校の校長があいさつした後、新港國民中学校を紹介する動画や、古川祭を中国語で紹介する4K動画を全員で鑑賞し、記念撮影を行いました。その後、古川中の生徒は5~6人ずつのグループに分かれ、ビデオ会議システムを使って英語で交流。自己紹介をした後、好きな食べ物やアニメなどについて話したり、取り組んでいる部活動などについて説明したりしました。




最初は話すのをためらう生徒が多かったですが、会話を交わすうちに打ち解け、片言の英語ながら身振り手振りで説明し、笑顔で交流する生徒もいました。「互いに学年が違うので、英単語が通じないこともありましたが、日本のスポーツやアニメのことは伝わったと思います。コミュニケーションが難しかった」「国は違っても、笑ってくれたりして反応をくれたのが楽しかったです。英語は楽しいので勉強を深めたい」という感想も出ました。


終了後は、互いの集合写真を撮ったりして、活発に交流していました。


初めての試みでしたが、とても良い交流になったと思います。




Comments


bottom of page